被害者請求・異議申立て・後遺障害申請サポートとは?

 

被害者請求・異議申立て・後遺障害申請サポートとは?

後遺障害申請は、作成・提出した医学的資料が医療機関や自賠責保険会社に残り、後から修正することは基本的に不可能であることから、初回申請の段階から慎重な損害立証を行う必要があります。私たちは、豊富な医療サポート・後遺障害申請の経験から、やり切ったと言える万全の被害者請求をサポートします(もちろん、納得できない後遺障害認定結果に対する異議申立のサポートも行っています。)

後遺障害申請に添付する意見書や異議申立書には、何を書いていいか分からないので、事実として痛みが残っていることや、加害者側の不誠実な態度、その理不尽さを徹底的に訴えたいと思います。

ただ単に痛いと繰り返すだけ、不満をぶつけるだけの後遺障害申請では、何度申請しても意図した後遺障害等級が認められる可能性は低いと考えられます。なぜならば、後遺障害の判定は、文系ではなく理系の価値観、科学の目線で行われるものだからです。根拠を示さずに痛みを主張し、不平不満を訴えるだけでは、科学的に後遺症の存在を証明したことにならず、異議も認められません。

本当に意味のある後遺障害申請を行うためには、その前提として、具体的な主張・反論が出来るだけの診断書や画像所見等、科学の目線で作成された客観的な医学的資料を入手する必要があります。

私たちは、医療スタッフが医療機関に出向き、被害者の皆様を現地でサポートさせていただいて、後遺障害申請に必要な医学的資料の収集段階から皆様のお手伝いをします。その結果、やれることは全てやり切ったと言える納得感のある後遺障害申請を実現することが可能となります。

弁護士からのメッセージ

交通事故に遭われた場合,修正不能の不利な診断書が作成されたり、治療先の選択を間違えてしまったりする前の、できる限り早いタイミングで弁護士に依頼することをお勧めします。この他、当事務所では,相手方が無保険であっても、無保険車傷害や人身傷害保険、政府補償事業への請求手続き等の選択肢を可能な限り追求し、損害回復のためにできることを積極的に見つけ出して、提案型の弁護活動を行うことを心がけています。弁護士特約が無くても、他の事務所で断られても、加害者が保険未加入でも、解決策の御提案をさせていただきますので、まずは一度当事務所にご相談ください。

関連ページ

後遺障害申請について春日部の弁護士が解説

 

 

048-812-5677 受付時間:平日9:30~18:30

メールでのご予約も受付中です。

048-812-5677

メールでのご予約も受付中です。